sekaiwoterasu
 
 
 
 
 
現在作成されているフォトアルバムはありません。
 

世界に挑戦する村山産業高校

                        

山形県立村山産業高等学校 校長 槇 誠司   

 

  開校以来3年目を迎えた本校は、528名の生徒が村山産業高校の制服に身を包み、新た
な歴史の創造へと歩み始めます。十月には、ドイツのミュンヘン工科大学視察後に本校工業科の生徒が鳥獣被害ゼロを目指したバリアシステムの開発に関する発表、二月には農業科の生徒がオランダのワーゲニンゲン大学視察後に翁草や里芋に関する研究発表を予定しています。商業科も同じくデンマークでの研究発表を計画しています。さらに、十一月には、台湾で国際ロボット競技大会に参加する予定です。このように海外の大学等と連携し、国際産業に関する知識、語学力、異なる文化を理解することにより、グローバル化に対応できる未来の産業教育を目指す村産生の挑戦は、今まさに歩み始めようとしております。